お墓選びの重要さ

お墓を選ぶのは重要です。何を基準にしますか? - 霊園選びのチェックポイント

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

霊園選びのチェックポイント

墓地、霊園には場所により様々な違いがあります。
墓地の種類は運営主体別に公営墓地、民営墓地、寺院境内墓地と三つに分けられますが、運営主体が同じでもやはり違いは出てきます。そんなときに何を判断基準にすれば良いのか分かっていれば、インターネットや見学で事前に調査がしやすいでしょう。
墓地、霊園を選ぶ時のチェックポイントとして、一番始めに確認しておきたいのがやはり立地条件です。
どれだけ理想通りの霊園だったとしても、通う事が苦痛になってしまったら何の意味もありません。
霊園に赴く際にかかる時間や、使用出来る交通機関をしっかり確認しておきましょう。
通う頻度にもよりますが、やはり遠方だと足が遠のいてしまいますし、例え距離が離れていなくても公共の交通機関では通うのが難しい場所にあると、手間や費用がかさんでしまいます。
そして当然費用面の確認も必要です。
区画の広さに対して高過ぎないか価格バランスをチェックします。今後払い続ける事になる管理費も念頭に置きましょう。
また霊園全体の雰囲気も感じ取る必要があります。
厳かな雰囲気より明るいモダンな雰囲気の場所を好む人も、その逆も人によって好みは様々です。すでに建っている墓石のデザインを見て実際に自分が建てた時のイメージを持つとより良いでしょう。
もちろん、霊園全体の設備、管理状況もしっかり見ておかないといけません。
車で来る事を想定している場合は駐車場のチェックが必要です。トイレや休憩施設が完備されているか、共通部分や設備の清掃が行き届いているのかも重要なポイントです。お墓を建てて、お金を受け取った後は管理がずさんな霊園もありますので、良く注意しておきましょう。
同時にバリアフリーに対応しているか、高齢者になっても利用しやすいかどうかも考えておく事も後々重要になってきます。
長く、気持ちよく利用するためには、霊園の環境、周辺の環境はとても重要になってきます。
後になって困らないように事前のチェックを行ってから霊園を選ぶ事をおすすめします。
以前は親から子へ、子から孫へとお墓は受け継がれていましたが、最近では新たに墓地、霊園にお墓を建てようと考えている方が増えて来ています。
運営主体別に公営墓地、民営墓地、寺院境内墓地と大別されるお墓ですが、どの墓地、霊園を利用するにしてもやはり気になるのは費用です。
特に宗教不問で受け入れが多い公営墓地、民営墓地は費用や、管理内容に大きな違いがあります。
それを知る事で霊園選びに活用できるのではないでしょうか。
まず、一般的に民営より費用が安いと言われる公営墓地ですが、実は場合によっては民営よりも高額になってしまう場合が存在します。
民営墓地と違い、公営墓地は区画面積の自由度がとても低くなっています。
そのため、最小区画でもそれなりのサイズになってしまいます。
土地代は各市町村の公営墓地によって異なりますが土地代だけで多額の費用がかかる事になるのです。
また、区画整備をした上で販売するので、当選した場所や間口、奥行きによって再度見積もりを取り直す必要が出てきます。
一方、民営墓地は区画面積や墓地のタイプなど様々な面で自由が利くので、民営墓地の最小区画より面積を押さえる事で、非常に小さい金額で全ての工事を完了させる事も可能になっているのです。
もっとも、同じ規格でお墓造った場合やはり公営墓地の方が割安になってきます。
管理費の面でもはやはり民営墓地の方が割高になってきます。
しかし、通常の埋葬から回忌供養、会食やお花の準備など、お金はかかりますが各種手配を管理事務所に全て依頼する事が可能になります。
逆に公営墓地だと、これらの手配は全て自分で行わなければいけません。
また手桶やバケツ等は持参するなど、自己管理が必要な事柄が多いと言えるでしょう。
費用的に見れば割高な民営墓地ですが、後々の管理は格段に楽になっています。
初期費用と手間、それぞれの生活環境に合わせて何を優先するかを決定し、納得した霊園選びを行って下さい。

更新情報